ああしておけばよかった・・・家づくりで後悔しないためのポイントとは?

壁が簡単に取り外しが出来る構造

家を新築する時の多くは、現在いる家族の人数に合わせて部屋を持ち合わせる事もよくあります。子供が大人へとなりまして、自宅を出れば、利用されない空き部屋になってしまっている場合も多くあります。
一般的に壁は取り外しが出来ないと考える人も多くいますが、家を建てる時の建て方次第では、壁を取り外しが出来る構造にしておく事も出来るのです。後々後悔をしている方も多くいます。
逆に、溝を入れておく事によって、新しく壁を作り出す事も出来ます。子供が増えた場合、部屋を増やす事も可能です。カーテンなどで区切る方法もありますが、プライベートの空間を作り出すには、新築時に溝を設けておく事もポイントです。溝が気になる場合は、溝を一時的に埋めるパーツを設ける方法もあります。

全てはフローリングが望ましい

現在の内装は、和と洋の要素が取り入れられた内装が流行っています。和は、畳を扱った内容でして、洋はフローリング様式の内装です。畳は、定期的に変える必要性がありまして、最低一年に一回は変える事が望ましいと言われています。
現在の商品の中には、ユニット畳と呼ばれている畳が市販されています。畳のみならず、コルクの様なマットや、おしゃれな木目のマットなども市販されています。つまり、フローリングであれば、畳を始めとして様々な模様替えが容易に行えるのです。この小さなマットを利用しておけば、汚れた場所だけ、買え替える事も可能です。
お年寄りの方と同居する場合は、和を取りれる事も考えてしまいますが、様々な内容に対応でき易い様に考える事も大切です。

設計事務所では、建築物の建築設計や構造設計(強度や安全性に関わる構造計算書の作成)・設備設計(電気など設備の安全性・消防法に基づいた設計の確認)などを行います。建物全体の設計管理を請け負う仕事です。